HOME>オススメ情報>歯を失った時はなるべく早く処置する必要があります

歯科医療を受ける

インプラント

新宿にはインプラント治療が可能な歯科医院が多くあります。インプラントは種類がとても多いです。世界中では100種類以上存在していると言われていますし、日本国内でも30種類以上が使われていると言われています。インプラントはメーカーによって規格が異なります。新宿の歯科医院でこの治療を受ける時は、どのようなメーカーをその歯科医院が使用しているかを知る必要があります。歯科治療を受ける際には、治療後のことも考える必要があります。インプラント治療を受けた後は、年に1、2回定期検診を受け続けるのが一般的となっています。定期健診で噛み合わせの変化がないかなどの確認をします。歯を失った場合はすぐに対応する必要があり、人工歯根を埋め込む治療であるインプラント治療などで対応する必要は多いです。人工歯根には噛む力を再び取り戻す効果があり、骨が細くなるのを防ぐ効果もあります。

施術のことを考える

インプラント

インプラントで使用する素材として一般的なのがチタニウムです。チタニウムは生体にとても優しい特徴があります。治療後にアレルギーが起こることもないです。チタニウムは骨にも非常に馴染みやすいです。強度の面でも優れている利点もあります。新宿で歯科医療を受ける際には使用する素材のことも考えます。治療後のことを考えて、安心できる素材であるかの確認をするのは大切です。インプラント治療をする際には、局所麻酔をするが一般的です。局所麻酔が効いたのを確認してから、歯肉を 切開します。その後で埋め込む場所の骨を露出させて、人工の歯根が入るように骨の形を整えます。その後にインプラントの歯根部分を骨の中に埋め込むのが治療の流れです。切った歯肉の部分は後で縫合します。通常インプラント治療では、失った歯一本ごとに人工の歯根を埋め込みます。

広告募集中